読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦生活.com

川崎出身の元看護師です。2015年にアメリカのボストンで過ごし、現在は東京にいます。海外生活、家庭料理、街の散策などの雑記を載せていきます。

1歳の子供を連れての渡米準備〜パスポート取得編〜

☆渡米準備

書こう、書こうと思っているうちに、時間だけが過ぎてしまいましたが。

渡米準備に関する事を少しずつまとめて行こうと思います。

ベビー(当時1歳0ヶ月)を連れての渡米は、色々と準備に時間がかかりました。

今回は、

1⃣子供のパスポート申請準備

2⃣子供の証明写真撮影

3⃣申請

までを振り返ってみます。

 

1⃣

子供のパスポート申請に必要なもの

 ひらめき電球申請用紙

ひらめき電球戸籍謄本

 本籍がある役所に戸籍を取り寄せた。現住所と遠い地方であったため、郵送で取り寄 せた。1週間程度かかった。

ひらめき電球パスポート用証明写真

 2⃣に詳細

 

本人確認書類

 健康保険証と母子手帳を用意していきましたビックリマーク

 

2⃣子供のパスポート用証明写真撮影

写真は、パスポートセンターに隣接する写真屋さんにとっていただきました音譜 

子供を椅子に座らせ、私がやや斜め前から腰を支え、カメラマンのお姉さんがおもちゃを降りながら何度か撮影ビックリマーク

思ったよりすんなりでした☆

泣かないかドキドキでしたが、撮影+完成まで5分程度でできました合格

写真は2枚で1950円。高いけど手間賃ですね汗

ちなみに、写真2枚とデータつきで2950円というものもありました。

データ付きの場合、そのデータを使用し次回2枚1000円で焼き増し可能だそうです!! 私の場合は、数日でも子供の表情や顔は変化するし…と悩みながら写真2枚だけのにしましたニコニコ

注意注意注意 ですが、後日アメリカのVISA申請書類作成時に、証明写真をアップロードしなくてはならず、その際データがあった方が楽であったなと思いました!

また、今回、子供の服の色の関係で、背景を青にしましたが、VISA申請の際に背景白となっているため、アメリカ90日以上の滞在でVISA申請する方は、背景白、そしてデータ付きでやっていただいた方がらくだと思いました!

 

3⃣

書類が全て整い、パスポート申請料金の収入印紙をセンターで購入、

提出し、無事申請ができました。